読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようへいの日々精進XP

よかろうもん

2016 年 10 月 04 日(火)

日々 俺のカレー datadog python

朝のジョギング

  • 香椎浜 2 周
  • やっぱり左太腿痛い
  • 腕立て(30)、腹筋(20) x 3 セット

暑い

  • 10 月なのに蒸し暑い...
  • 汗だくで作業

Elasticsearch

  • 繰り返しになるけど複数ノードでの運用が幸せの第一歩

Datadog の dogstatd

自作 API アプリケーションとかから Datadog にメトリクスを送りたい場合には API を叩くのも有りだけど Datadog Agent がインストールされていれば dogstatd を使った方が良さそう。以下のような簡単なコードでよしなに Datadog に値を投げてくれる。肝は statsd.gauge だと思う。

#!/opt/datadog-agent/embedded/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

import sys, time, json
import requests
from datadog import statsd

if __name__ == '__main__':
    while 1:
        time.sleep(3)
        r = requests.get('http://xxxxx/endpoint')
        print json.loads(r.text)['duration_time']
        duration_time = json.loads(r.text)['duration_time']
        statsd.gauge('oreno.app.duration_time', duration_time)

http://xxxxx/endpoint にアクセスすると JSONduration_time: N というレスポンス(N はレスポンスによって異なる)が返ってくるので、この数値を Datadog に飛ばしたい場合の例。(Python バージョンは 2.7.12 で OS は CentOS 7 にて確認)

俺のカレー

俺のカレー、ファイナル。流石に三日目ともなると飽きた。