読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようへいの日々精進XP

よかろうもん

ショロカレ 10 日目 | 初老と AWS(1)〜 AWS CLI で S3 バケット以下にフォルダを作る時にどげんすっとや 〜

これは

初老丸アドベントカレンダー 10 日目の記事です。

qiita.com

ということで、小ネタ大ネタを交えて 12/25 まで張り切っていきましょう。

初老と Amazon S3

S3 にフォルダという概念は...

なかとです。これはよく知られたことくさ。

docs.aws.amazon.com

キーとは、バケット内のオブジェクトの固有の識別子です。バケット内のすべてのオブジェクトは、厳密に 1 個のキーを持ちます。バケット、キー、バージョン ID の組み合わせによって各オブジェクトが一意に識別されるため、 Amazon S3 は「バケット + キー + バージョン」とオブジェクト自体の基本的なデータマップであると考えることができます。

以下のように oreno-bucket がバケットで folder1/file.txt がオブジェクトキーとなって hage がオブジェクトの中身(ヴァリュー)となるようです。

bash-3.2$ tree oreno-bucket
oreno-bucket
├── folder1
│   └── file.txt
└── folder2

2 directories, 1 file
bash-3.2$ cat oreno-bucket/folder1/file.txt
hoge

こちら の記事がよく纏まっていて参考になりました。有難うございます。

とは言え、バケット以下を...

フォルダ構造を作成したいことがあるくさ。

マネジメントコンソールからは「フォルダを作成」というボタンが丁寧についているので、ボタンをポチッと押せば「フォルダ」っぽいもの(キー)が作成されるったい。

で、AWS CLI ではどうやって作るのか

aws --region ap-northeast-1 --profile oreno-profile s3api put-object --bucket oreno-bucket --key "folder/"

folder/ のようにお尻に / を付けるだけ。

以上

メモでした。